作業服のタイプ

作業服を新調することが決まったら

仕事の能率をアップさせたいなら、動きやすい作業服を導入しましょう。もしも作業服を新調することが決定したら、デザインや機能性など、あらゆるポイントについて配慮することが大事です。まずは、作業服のデザインを決めましょう。つなぎタイプの作業服は、腹部や腰の保温性が高いというメリットがあります。上下がつながっているために、砂やホコリなどの侵入を防ぐこともできます。また、ジャケットとパンツに分かれているセパレートタイプの作業服は体温調節をしやすいので、外で作業を行う場合に向いています。仕事中に暑いと感じたら、すぐにジャケットを脱ぐことができますから、天候や気温に合わせて対応できる点は大きなメリットです。

働きやすい作業服の特徴

作業服を新調する場合には、機能性について配慮することも大事です。まずは、作業服の素材を慎重に選びましょう。特に、季節に合わせて素材を選択することはとても大切です。厚手の木綿は保温性が高いために、秋から冬にかけて使用する作業服にぴったりです。デニム素材の作業服も保温効果が高いので、要チェックです。また、夏は速乾性に優れた素材が適しています。木綿とポリエステルの混合は、洗濯しても短時間で乾きますから、とても重宝されています。ほかに、メッシュ素材は通気性がいいために、真夏の作業現場で利用されることが増えています。汗がすぐに乾くので、作業中に不快な思いをすることがありません。熱中症の予防にも役立つというメリットがあります。

© Copyright Quality Work Clothes. All Rights Reserved.