季節に合わせた作業服を使おう!

暑い時期は涼しく作業できるものを

夏場などの気温が高いときに作業をするとなると、汗をかくのは当然ですが熱がこもってしまうことがあります。室内でエアコンが効いていればいいですが、エアコンが効いていなかったり屋外などで作業をする場合にはできるだけ涼しい環境が必要です。そのため暑い時期は吸汗速乾のシャツや触れているとひんやりする素材など、服の素材なども考慮することが大切です。また服の素材だけではどうしようもないことがあり、そのような場面では空調服を利用するのも選択肢になります。空調服はバッテリーやファンを装着することになるので、できる限り軽いものをえらぶようにしましょう。素材によっても涼しさや手入れの手軽さが違ってくるので、その点も考えることが大事です。

寒い時期でも汗対策は必要

冬などの寒い時期に作業をする際には、体が冷えて動かなくならないように暖かい服装が必要です。厚着になってしまうとそれも体を動かしずらくなり、作業効率を下げる要因になります。そのため保温性の強い素材を使っているものを利用し、そこまで厚着にならないようにすることも大事です。または厚手の生地でもストレッチ性があることで、動きを阻害されにくくなります。このように暖かい素材にすることはとても大事ですが、気づかなくても冬でも汗をかいています。シャツが濡れたままだと体が冷えてしまい、作業パフォーマンスの低下につながりかねません。そのため冬でも寒さ対策だけでなく汗対策も必要で、吸汗速乾のシャツなどを利用し体を冷やさないようにすることが大事です。

© Copyright Quality Work Clothes. All Rights Reserved.