作業服の用途は何?

作業服が必要な職種は?

作業服は、職場の制服として使用されることも多いのですが、何よりも「身を守る」「気持ちを切り替える」といった役割があります。また、作業服には、仕事をするうえで便利な機能もあり、その種類も様々です。そのため、作業服の用途に合わせて、自分の仕事に適したものを選ぶ必要があるわけです。 用途に合わせた作業服は、大きく分けて電気工事関係、製造関係、建設関係の3つがあります。大まかなポイントとして、電気工事関係では、素材や機能、動きやすさといったバランスの良さが、製造関係では、仕事効率の向上につながる着心地や素材が、建設関係では、ハードな仕事でも耐えられる素材やデザインが重要になります。つまり、どの作業服でも、着心地・素材・デザインが大切なのです。

自分の仕事に合った作業服はどれ?

作業服の用途に合わせて選ぶ3つのポイント、着心地・素材・デザインのうち、最も重視されるのは、着心地です。作業服として丈夫であることはもちろんですが、それぞれの作業をこなすうえで、無理なく動くことができ、着やすいものがベストです。

例えば、屋外での作業が多い建設関係の作業服には、首元に吸汗ニットが施されていて、首周りを快適に保つことができるようになっています。また、電気関係や製造関係の作業服は、肩や腕のあたりを動かしやすいように立体カットしたりアームホールをなくしたりと、曲げ伸ばしがしやすいように工夫されています。

このほかにも、屋内と屋外では、通気性や吸汗性といった素材を変えたり、ポケットの位置や数などデザインを変えて、仕事の用途に合った作業服が用意されています。

© Copyright Quality Work Clothes. All Rights Reserved.